例えば農薬や化学肥料の使用を控え、通常8個つけるぶどうの房を5個に抑えます。そうすることにより凝縮度の高い健康なぶどうを収穫することができ、結果、酸化防止剤の添加も少なくてすみ、長い熟成に耐えるピュアで理想的なワインを造ることが可能になります。しかし同時にワインの生産量は減り、生産者の収入が減るという厳しい現実があり、それは簡単には出来ることではありません。
このように小規模生産者が情熱を傾け、額に汗して造った素晴らしいワインは、お客様と直接お話をして「生産者の人となり」「その情熱」を伝えるのが本当のワインを売る仕事であると考えています。よって、マキコレワインは初輸入以来、ネットでは決して販売せず、特定のお店だけに並ぶ限定流通のスタイルをとっています。ミツヤでは試飲会も開催しておりますので、どうぞマキコレワインの比類なき美味しさをぜひ味わって下さい。